Minguss photo session





先日、写真スタジオにて新しいイメージ写真およびアーティスト写真をいつもお世話になっている坂本正郁さんに撮って頂きました。メイクは松田マヨさん。いつものトリオです。

今回は、リリース用のアーティスト写真の他に、スライド写真を体に投影するイメージ写真を沢山撮りたかったのですが、あいにくそちらの撮影はこれから面白くなるぞ!っというところでタイムリミットが来てしまいました。これはそんな中の3枚。ものすごーく、これは面白そうなので機会をみて続行したいと思っています。

もともとスライド写真を投影するのは坂本さんの提案だったのですが、そのアイディアの経緯を聞いたとき、ああこの人はマジで芸術家だな、とビビった覚えがあります。それについてはのちほど。

上の写真3枚は、ベルリンに行った際に自分で撮った写真を投影しています。ドイツ鉄道のロゴ"DB"がきっちり入っていますね。こういう幾何学的なビルディングと、肌の質感の組み合わせを見てみたかったんですよねえ。そして本当は雄大な砂漠を映したり、鳥の羽の部分を拡大して映したり、いろいろアイディアがあったので、、これは次回!

背中に模様が映り込むと、やはり日本的ゴクドーな感じになるんですね。メイクもアジアンのキリッとした感じにしたので、更に。しかし私としては、夜のスナイパーのイメージです。写真のタイトルは「この街と夜を背負ってるんだぜ・・」でしょうか。もしくは「今も昔もこれからも、重いもの、誰もが背負ってるんだぜ。」

Comments

2 Responses to "Minguss photo session"

頑固親父 さんのコメント... 日曜日, 31 7月, 2011

ってことは、リリースも時間の問題?

Mami Konishi さんのコメント... 月曜日, 01 8月, 2011

頑固親父さん

はい!そうなんです。今秋には必ず、です。
またきちんと決定次第お知らせしますね。

Original Works

Listen/Buy via

Buy CD alums direct from MINGUSS: Please click the button below

The Farthest Desert

MINGUSS 4th original album

"The Farthest Desert"

1. l'Esprit
2. Miroir
3. Cave Church
4. Paraselene
5. Silence Sad
6. Ulchurringa
7. Dreaming
8. Blue Veil feat. Manuel Göttsching
9. Qur'an of Sand and Wind
10. Parhelion feat. Arnold Kasar

produced by Mami Konishi
co-produced by Hiroshi Watanabe

label: IZIDOA
release date: 12th Dec. 2018
code: IZDA-1002
2000 JPY

Night of the Vision

Night of the Vision
MINGUSS 3rd original album


"The music is as beautiful and elegant as the originator herself!"
—— Manuel Göttsching


OTHER COMMENT



1.Night of the Vision
2.Highway Mood
3.Ultramarine Sphere
4.Horizontale
5.shower room
6.ready to future
7.Mfuwe
8.cocotte

produced by
HIROSHI WATANABE a.k.a Kaito

label: IZIDOA
release date: 11th Oct. 2011
code: IZDA-1001
2000 JPY

ABOUT

ABOUT
MINGUSSは小西麻美(Mami Konishi)によるソロプロジェクト。1982年7月19日東京生まれ。幼少期よりクラシックピアノを学び音楽高校、音楽大学のピアノ科を卒業。在学中よりジャズをはじめクラシック以外の音楽に夢中になる。卒業間近にアメリカへ短期間のジャズプログラムを受けに行った後、2005年9月に当初はピアノ3ピースのバンドとしてMINGUSSを結成。様々な音楽、特にマイルス・デイヴィスの音楽に影響を受けつつポップスを基調としたアルバム”PREMINGUSS” ”Super Sonic Sound”をそれぞれ2006年、2008年にリリース。その後、デトロイト・テクノに出会いクラブ・ミュージックに傾倒。HIROSHI WATANABE a.k.a. KAITOプロデュースで、3作目のアルバム"Night of the Vision"を自身のレーベルIZIDOAより2011年に発表。このアルバムのリリース時よりサックス奏者の中村哲、新井一徳とのライブ演奏を重ね、次第にサックスの音を中心とした楽曲の制作を始める。2018年12月、サックス奏者両氏の音を中心に、クラウト・ロック界の巨匠であり革命的なギタリストであるマニュエル・ゲッチング氏と、同じくベルリン在住のプロデューサー/ピアニストであるアルノルト・カサーを客演に迎え、HIROSHI WATANABEと共同プロデュースで4作目アルバム”The Farthest Desert”をリリース。

BOOKING/ CONTACT


booking / distribution/ message/ etc. Please contact from here.

video of MINGUSS



Minguss sings for other Artist