deja vu



デジャ・ヴとは既視感の事で、
初めて体験したのに、既に体験した事の様に錯覚することだそう。
脳の誤作動、といった説明がありました。

聴覚、触覚においてもあるそうです。

私が最高だなあと思う音楽には、必ず激しい郷愁を感じるのですが
日本生まれ日本育ちの純日本人のくせに、
なぜ洋楽に郷愁を感じるかはナゾですが
多分、これも一種のデジャ・ヴなんだろうなと考えています。

小さい頃に体験して(または何か映像で見て)忘れている事が
今初めて体験した事によって呼び覚まされ、勝手にリンクして
あたかも以前に体験した様に感じる、
というのが既視感の仕組みらしいです。

マニュエル・ゴッチングのDeep Distanceや
デリック・メイのKaotic Harmoneyにかなりの郷愁を感じるのは、
やはり小さい頃から家にあった、
父親の妙なニューエイジ・ミュージックのCD達の生み出した
既視感なんだろうかと思います。

それとも、もっと小さい頃から常に家に流れていた
クラシック音楽によるものか。
特にラフマニノフのあの郷愁は、確かにデリックで感じるそれと全く同じだし。

視覚も聴覚も超えて、何と何が結びついて既視感が生まれてくるのか
誰にも分からないので、これから何を見て行くかによって
新たなモノが生まれるな、という期待があります。

実際、どんどん自分の記憶は塗り替えられて
好きだったイメージも常に変わって、次第にハッキリしてきています。
多分、私が色々なものを見て新たに記憶して行っているからです。

なので私にとっては、新たな映像や体験をどんどん仕入れて行く事が
音楽を作る上でかなり重要だなあ、と考えています。

ちなみに、私はイメージや映像をすぐ忘れられないタチなので
ホラー映画はぜっったいに禁止なのがお分かりでしょうか。

一度見るとひと月はずっと恐いし、何年も経っても思い出しちゃう。
科学本を読んで、お化けなんてないさと分かっていても
映像が恐いんです!

Comments

2 Responses to "deja vu"

匿名 さんのコメント... 日曜日, 21 3月, 2010

ジョージ・A・ロメロ監督の作品が好きなのでホラー映画は好きな方。

HIRORNORI

Mami Konishi さんのコメント... 火曜日, 23 3月, 2010

hionoriさん

そうですか・・。
ホラー好きの友人にリサーチしてみます!

Original Works

Listen/Buy via

Buy CD alums direct from MINGUSS: Please click the button below

The Farthest Desert

MINGUSS 4th original album

"The Farthest Desert"

1. l'Esprit
2. Miroir
3. Cave Church
4. Paraselene
5. Silence Sad
6. Ulchurringa
7. Dreaming
8. Blue Veil feat. Manuel Göttsching
9. Qur'an of Sand and Wind
10. Parhelion feat. Arnold Kasar

produced by Mami Konishi
co-produced by Hiroshi Watanabe

label: IZIDOA
release date: 12th Dec. 2018
code: IZDA-1002
2000 JPY

Night of the Vision

Night of the Vision
MINGUSS 3rd original album


"The music is as beautiful and elegant as the originator herself!"
—— Manuel Göttsching


OTHER COMMENT



1.Night of the Vision
2.Highway Mood
3.Ultramarine Sphere
4.Horizontale
5.shower room
6.ready to future
7.Mfuwe
8.cocotte

produced by
HIROSHI WATANABE a.k.a Kaito

label: IZIDOA
release date: 11th Oct. 2011
code: IZDA-1001
2000 JPY

ABOUT

ABOUT
MINGUSSは小西麻美(Mami Konishi)によるソロプロジェクト。1982年7月19日東京生まれ。幼少期よりクラシックピアノを学び音楽高校、音楽大学のピアノ科を卒業。在学中よりジャズをはじめクラシック以外の音楽に夢中になる。卒業間近にアメリカへ短期間のジャズプログラムを受けに行った後、2005年9月に当初はピアノ3ピースのバンドとしてMINGUSSを結成。様々な音楽、特にマイルス・デイヴィスの音楽に影響を受けつつポップスを基調としたアルバム”PREMINGUSS” ”Super Sonic Sound”をそれぞれ2006年、2008年にリリース。その後、デトロイト・テクノに出会いクラブ・ミュージックに傾倒。HIROSHI WATANABE a.k.a. KAITOプロデュースで、3作目のアルバム"Night of the Vision"を自身のレーベルIZIDOAより2011年に発表。このアルバムのリリース時よりサックス奏者の中村哲、新井一徳とのライブ演奏を重ね、次第にサックスの音を中心とした楽曲の制作を始める。2018年12月、サックス奏者両氏の音を中心に、クラウト・ロック界の巨匠であり革命的なギタリストであるマニュエル・ゲッチング氏と、同じくベルリン在住のプロデューサー/ピアニストであるアルノルト・カサーを客演に迎え、HIROSHI WATANABEと共同プロデュースで4作目アルバム”The Farthest Desert”をリリース。

BOOKING/ CONTACT


booking / distribution/ message/ etc. Please contact from here.

video of MINGUSS



Minguss sings for other Artist